公益社団法人 北海道栽培漁業振興公社 Hokkaido Aquaculture Promotion Corporation

北海道の沿岸漁業の振興発展を図るため、栽培漁業を推進し、水産資源の維持培養並びにその生息環境の保全に取り組んでいます。

水温情報のお知らせ

水温情報のお知らせ

各海区の北海道沿岸水温情報を月3回計測し、過去10年間の同時期の平均水温とともに公開しています。

北海道沿岸水温情報

8月下旬 8月中旬 8月上旬
日本海区 21.8(22.4)-0.6 21.2(22.3)-1.1 22.1(21.4)0.7
津軽海峡区 20.0(20.9)-0.9 20.0(20.2)-0.2 20.4(19.1)1.3
太平洋海区 18.7(18.9)-0.2 17.6(18.5)-0.9 17.5(17.6)-0.1
根室海区 16.9(16.7)0.2 15.0(15.9)-0.9 15.2(14.8)0.4
オホーツク海区 19.8(20.3)-0.5 17.3(20.5)-3.2 19.1(19.6)-0.5

注:( )内は、過去10年間同旬平均水温、±はその差を表す

各地の8月下旬の海水温は、7月下旬より1.0~2.5℃上昇し、最も高い日本海区で21.8℃、最も低い日本海で16.9℃となった。ただし、時期の推移に伴う変化は各地とも時期の経過とともに上昇していた4月以降7月下旬までと異なり、太平洋海区ではこれまでと同様だったものの、日本海区および津軽海峡では8月上旬に最も高くなり、その後根室およびオホーツク海区では8月中旬に一旦低下し、8月下旬に最も高くなった。過去10年間と比較すると、8月上旬には海区によって高い海区(日本海、津軽、根室)や低い海区(太平洋、オホーツク)があったが、中旬以降はほぼ各地とも低めで推移した。これは札幌管区気象台の資料(平成29年 北海道地方8月の天候)によると、オホーツク海高気圧の張り出しによって8月上・中旬には平年より気温が低温で推移していたことから、この影響が示唆される。

スペシャルコンテンツ 北海道沿岸水温情報「いま、何℃?」「今日、何℃?」