公益社団法人 北海道栽培漁業振興公社 Hokkaido Aquaculture Promotion Corporation

北海道の沿岸漁業の振興発展を図るため、栽培漁業を推進し、水産資源の維持培養並びにその生息環境の保全に取り組んでいます。

栽培漁業

種苗生産事業

ヒラメ種苗生産事業

瀬棚事業所  羽幌事業所

北海道は平成8年に、日本海の重要種であるヒラメの資源増大対策の拠点施設として、羽幌町と瀬棚町に「北海道栽培漁業羽幌センター・瀬棚センター』を整備しました。
この運営を当公社が行っています。ヒラメの放流計画は、80㎜種苗で毎年220万尾です。

エゾアワビ種苗生産事業

熊石事業所

熊石事業所〔北海道水産種苗熊石センター)でエゾアワビの種苗生産を行なっています。
種苗サイズは15~30㎜で、道内各地に125万個供給しています。

マツカワ種苗生産事業

伊達事業所  えりも事業所

平成17年北海道は、えりも以西太平洋海域にマツカワの資源増大を図るため、伊達市に「北海道栽培漁業伊達センター」を、えりも町に「北海道栽培漁業えりもセンター」を整備しました。
当公社ではこの施設を借り受け、平成18年度からマツカワの種苗生産・中間育成を行い、毎年、同海域に80㎜種苗100万尾を放流しています。

日本海ニシン

日本海ニシン種苗生産委託事業

北海道は、羽幌事業所にて平成8~13年度までの6カ年をⅠ期(技術開発期)・平成14~19年度までをⅡ期として、日本海ニシンの資源増大事業を推進してきました。
その後、地元協議会や北海道の委託で放流が継続され、平成26年度からは、日本海北部ニシン栽培漁業推進協議会に200万尾、後志南部地域ニシン資源対策協議会に40万尾を全長60㎜種苗で供給します。

クロソイ

クロソイ種苗生産事業

瀬棚事業所において、会員等からの要望により、30㎜種苗の生産、供給をしています。平成26年度は228千尾の供給を予定しています。

マナマコ

マナマコ種苗生産事業

熊石事業所において、平成17年度から6年間の種苗生産技術開発試験を経て、平成24年度から量産事業化を開始しました。供給は平成25年度から、10㎜以上種苗を80万個体前後供給します。

ハタハタ

ハタハタ種苗生産事業

日高管内栽培漁業推進協議会からの委託を受け、えりも事業所において25㎜種苗400万尾を生産、供給しています。