公益社団法人 北海道栽培漁業振興公社 Hokkaido Aquaculture Promotion Corporation

北海道の沿岸漁業の振興発展を図るため、栽培漁業を推進し、水産資源の維持培養並びにその生息環境の保全に取り組んでいます。

お知らせ

新着情報

平成29年度育てる漁業研究会開催のお知らせ

2017.12.22

公社より

                と き  平成30年1月19日(金) 9:30~12:00 

      ところ  札幌市 北海道第二水産ビル8階
                                        
                後   援  北海道水産林務部
                                       
道内各地では、長年にわたり市町村や漁業者がさまざまな魚貝類の種苗生産、放流等を行っており、その取り組みは、資源の維持・増大とともに、栽培漁業の重要性に対する意識の醸成に寄与しています。
また、先進的技術開発や種苗生産の取り組みなどは、地元のみならず道内外の関係者に刺激を与えるなど栽培漁業の推進に大きく貢献しています。
栽培公社は、多くの栽培関係者と共に、栽培漁業技術の開発、進展そして継承に努め、水産資源の維持増大に貢献する役割を担っています。その一つとして、道内で積極的に栽培漁業に挑んでおられる方々とその取り組みを本研究会において紹介し、あらためて皆さまと今後の栽培漁業の発展を考えていく機会としたいと思います。
 

プログラム

 開  会                                       9:30
  主催者挨拶  (公社)北海道栽培漁業振興公社

  来賓挨拶  北海道水産林務部

 講  演                                                                   9:40~11:40
 
 「はじめに」 北海道栽培漁業の概要
                 (公社)北海道栽培漁業振興公社 栽培推進部
 
 1 厚岸町カキ種苗センター藻類大量培養システムについて
                      厚岸町カキ種苗センター 所長 武山 悟

 2 上磯郡漁業協同組合におけるウニ種苗生産の取り組みについて
                 上磯郡漁業協同組合  総務部指導部長 冨森 昌孝

 3 根室市におけるハナサキガニ種苗生産・放流試験について
                      根室市水産研究所 次長 工藤 良二

 4 風蓮湖ニシンの資源増大に向けた取り組み
              別海町ニシン種苗センターセンター長 仙石 義昭

  総  括                                              11:40~12:00
   座長 (公社)北海道栽培漁業振興公社               副会長  渡辺 鋼樹

  閉    会                       12:00